別れさせ屋

別れさせ屋 の料金や方法、会社選びの注意点

別れさせ屋と呼ばれるものは訳20年以上前に、
探偵会社へ依頼された方々のアフターフォローから生まれたサービスです。

探偵といえば、やはり浮気調査が一番多い仕事となります。

「旦那が他の女性と浮気してるから確かめたい」
「妻の様子がおかしい。絶対に怪しい」

というような事から浮気調査を請け負ってみたものの、
結果を報告した後に、

「旦那が開き直って、浮気相手の家に出て行ってしまった」
「探偵なんかを使う人は信じられないと逆ギレされて、離婚話に発展した」

となるわけです。

別れさせ屋

そうなることは十分に予想できていたはずですが、
依頼者も請け負った探偵会社も、なす術がなく、
寧ろ一番大切なゴール(夫婦関係が良くなること)に
対しては逆効果になることをしていたことになります。

● 夫と浮気相手女性を別れさせたい
● 妻を浮気相手から取り戻したい

そうしたゴールに対して有効な方法が存在していなかったわけです。

困った時、人は自分の権利に頼る傾向があります。
「夫婦なんだから」「子供の為にも」「私は妻」「あなたは夫」「その人は浮気相手」と。
しかしお気づきのように、今はそのような時代ではありません。

先進国では離婚率は今でも向上し、シングルマザーも増え、
自分自身の自由が尊重されています。

日本でも彼氏がいようと好きだったら口説き、奪いますし、
彼女よりも素敵な女性と出会いがあれば、
別れて乗り換えますし、「違うな」と感じたりストレスを感じたら離婚を選びます。

ですから夫婦関係や婚約関係でピンチになっても、
どうやって別れさせるのか、よりを戻すのかとなると、
気休めとなる友人への相談を参考にするか、
反省や愛情アピールするしかなかったわけです。

アフターフォローでは、「内緒で浮気相手に接触し、
別れるように説得・交渉する」ことや、
「第三者として知り合いになり、別れた方が良いと思うように心理誘導する」
ことしかできませんでした。
今の別れさせ屋工作(トリガーやトラップ等)で用法するような
高い成功確率が実現化できるレベルではなく、 失敗するケースの方が多かったものです。

必要は発明の母と言いますが、
もっともっと安全で高い成功確率で男女を別れさせるにはどうすればよいのか? 

試行錯誤の繰り返しによって今の復縁屋・別れさせ屋のスタイルが形作られ、
伝家の宝刀、最後の奥の手、切り札と呼ばれるような解決策になりました。

勿論、十人十色ですから復縁方法や別れさせる方法は1種類ではなく、
同じ手法・手段だとしても細かい部分でどれだけ丁寧に時間と人材を投じるかなどによっても
成功確率は異なります。その細かい差が会社によって異なることになるので
会社選びも一つの天王山であり、光と影をわけるポイントにもなるでしょう。

あなたが本気で譲れない人、譲れない人生を考えているならば

「なるほど、そういう方法もあるのか」

と、あなたのケースのベストの解決策や成功の可能性を知ってみるだけでも 宜しいかと思います。

ご相談内容と事例

お問い合わせ